労働条件を事前に把握

アルバイトを始めるときは、学生など、仕事をすること自体が初めてという場合や、その職種を経験するのは初めてという場合がありますよね。
従業員を採用する側としては、できれば即戦力のある人が欲しいと考える傾向があるため、実際の採用についても経験者が有利になる場合も多いと言えますが、一方で、仕事自体が初めてという場合や、その職種が初めてという「未経験者OK」というところも多くあるのです。
仕事を探すときは、求人広告に「未経験者OK」や「未経験者歓迎」などと書いてあるお店や会社を見つけて応募する方がいると思いますが、特に経験者しか募集していないことろ以外なら採用されるチャンスがある!ということになります。
次に未経験でも採用されやすい職種としては、居酒屋や、イベントスタッフ、そして警備員やコールセンター業務などが挙げられます。さらに1日~3ヶ月程度までの短期募集のものは、経験がなくてもすぐに出来るような仕事が多いため、ある程度経験が必要な長期のものと比べて採用基準が緩くなる傾向があると言われている。なので短期のものは、長期のものより比較的採用されやすいと言えるのです。
とりあえず仕事をして社会経験を積みたい!という場合なら、長期より短期のほうが採用基準や仕事内容の面でもハードルが低いと言えます。
アルバイト初心者の注意点としては、職種や職場によっては人の入れ替えが多い場合があるため、長期間仕事をしたいと希望している場合は、あらかじめ職場環境や労働時間などを調べておくとよいと思います。未経験者でも本当に働きやすい職場かどうかを事前調査後にアルバイトを始めた方が良いでしょう。

Leave a Reply

free blog themes